ものづくりのまち 長岡市

日本海側随一の工業都市「長岡」。その歴史は古く、明治20年代の東山油田の開発を契機として、原油の輸送、掘削関係の機械類及びさく井機械の製造業に端を発します。

大正初期には、第一次世界大戦を背景に工作機械の生産を開始。産油量の大幅な減少から石油産業依存からの脱却を図ります。

そして昭和10年、「工業立市」を宣言し、蔵王・城岡地区の工業団地造成に着手。
昭和15年ころまでには、精密測定器をはじめ、各種機械工場及び鋳造企業が進出し、今日の北部工業地帯が形成されました。

その後、第二次世界大戦を経て、軍需依存から紡績機械等の民需への転換を図り、昭和30年代に機械産業が飛躍的に発展し、「工作機械のながおか」として地域産業を牽引してきました。

現在、長岡市は、地域内の多様かつ高度な技術を生かし、少量多品種の部品製作はもちろん、大型装置までの一貫生産が可能な、他地域で類を見ないものづくり産業集積都市に発展しました。

当地域では、産業界・商工会議所・行政が一体となり、企業や業種の枠組みを超えた「地域共同受注体制」を整え、皆様のニーズにお応えしております。

ものづくりでお困りの方、技術・製品をお探しの方、新たなビジネスパートナーをお探しの方、この「ガイド」をご覧いただき、ぜひ長岡にご相談ください。

長岡ものづくりネットワーク
長岡市商工部 工業振興課
長岡商工会議所

参加企業のご紹介


工場やビルの機械をはじめ、ダムや河川の水門 ゲート、また、IC関連及び食品の製造設備など 様々な設備の受配電盤や制御盤の設計、製造をし ている当社。


歯車の一貫生産メーカーとし「量より質」「易より難」をモットーに高精度歯車、高機能歯車の研究・開発・製作に努めております。
また、長年培ってまいりま…

アルミニウム合金鋳物に係る作業(鋳物設計から金型設計及び製作・機械加工・羽布研磨まで)を社内一貫製造しています。
分業が当たり前とされてきた各工程…

印刷紙器業界において長い実績を持つ当社は、日本で最初にレーザー加工機を抜型製作に導入して以来、飛躍的に成長発展を遂げ続けております。
さらに199…