機械設計 製品製作
古川機工 株式会社

TEL:0258-22-3501

FAX:0258-22-3505


URL:http://furukawakikou.co.jp

企業の特徴

弊社は食品関連機械を中心に製品の開発から設計・製作・アフターサービスに至るまで社内一貫体制にて取り組んでおります。
「お客様が感動する生産設備・システムの開発・製造」を弊社の経営理念として、お客様ニーズに合わせたトータルエンジニアリングを
ご提供すべく、社員一同日々努力してまいります。

得意とする技術・分野

●各種工場システム設計
●各種産業機械設計・製作
●ゾル・ゲル状のハンドリング技術

会社概要

代表者名 代表取締役 古川 高志
本社所在地 〒940-1138 長岡市滝谷町1917-7
資本金 2,000万円
設立年月日 平成元年4月
従業員数 17名
担当窓口 営業部/椿 正二
TEL:0258-22-3501、FAX:0258-22-3505
E-mail:s.tsubaki@furukawakikou.co.jp

主要製品・加工品の紹介

●スイットル技術搭載装置
 ハンバーグ生地ハンドリング装置、製パン生地ハンドリング装置、
 どら焼きドラハンドリング装置、生チョコレートトレイ充填装置、
 三角サンドイッチ袋充填装置
●米菓関係製造装置
 柿種全自動味付装置、柿種連続切断プラント、自動原料計量装置、連続精米機
●その他
 たこ焼き生地多軸充填機、さきいか全自動味付装置、油揚げ自動切断包装機

主要取引先

亀田製菓(株)、(株)ヤマザキエンジニアリング、味の素冷凍食品(株)、
敷島製パン(株)、越後製菓(株)、日東ベスト(株)、竹内製菓(株)、日本ハム惣菜、
(株)たかの、トヨタ自動車(株)、昭和冷凍食品(株)、(株)サンフーズ横倉、
テーブルマーク(株)、わらべや日洋

その他

◎SWITL技術の紹介
マヨネーズ・ケチャップに代表される「ゾル・ゲルのワーク」並びにパン生地・和菓子に代
表される「掴むと形崩れ・傷付く軟らかいワーク」のハンドリングを当社独自開発した
SWITL技術により、形をそのままソックリ・傷付けずハンドリングが可能となる技術です。
食品加工関連のみならず、広く他分野での活用を期待できます。
(2011年日本機械学会製品優秀賞を受賞)
(2015年文部科学大臣表彰 技術部門賞を受賞)

 

ハンドタイプSWITL
SWITL技術をツール化した商品を2009年6月に発売。
日刊工業新聞を始め民放大手4社から全国ネットで紹介
され、大きな反響を受けています。

 

高速ハンドリング装置                ゾル・ゲル状ワークを崩さず、高速にハンドリングできる装置(2009年6月発売)
ハイグレード                    高速処理スイットル装置
ハンドルタイプSWITL                     SWITL技術をツール化した商品を2009年6月に発売。日刊工業新聞を始め民放大手4社から全国ネットで紹介され、大きな反響を受けています。